個別指導塾  三ツ井ゼミナール|愛知県一宮市

一宮市で一番成績を上げる個別指導塾を目指しています。丹陽中学と千秋中学の専門塾  自宅でのオンライン双方向授業も実施しています。

ホーム塾長ブログ ≫ 国語力とコミニケーション力 ≫

国語力とコミニケーション力

府立_コピー
6月5日(日)は、大阪府立国際会議場で全国の塾長を対象とした「withコロナ時代の教室運営」というセミナーに参加してきました。
そのセミナーの講師でもある先生に私が最近気づいたことを聞いてみました。

その内容は、友達がいるのに不登校気味であったり、勉強に集中できない生徒の原因についてです。人間関係でトラブルになっていないか。ということです。1つのグループでは友達はいるが、他のグループの人とはうまくいっていないのではないかということです。相手の立場を考えて「言っていいこと。と悪いこと。」があります。これが理解できていないのではないかということです。そのため、同じグループ内の友人とは仲良くできても、他のグループの人とはトラブルになりやすいことで、ストレスになり集中力がなくなるのでは、ないかということです。特にこの傾向は、一人っ子の場合に多く見られる
傾向があります。

その先生は、不登校の一番の原因は、「勉強についていけないということだが、その考え方も確かに当てはまるかもしれない。」ということでした。
自分の考えだけでなく、他の先生の考えも聞いて、「相手とのコミュニケーション力を高めるために、国語の心情把握に取り組むこと。」は、大切であり、
人間関係を潤滑に行うことで、勉強にも集中できるのではないかという考えに至り、国語の心情把握を導入していくこととしました。

保護者面談が続いていることもあり、ブログを投稿するのが遅くなってしましました。
今年の夏休みは、国語力を高めることも重視したいと考えています。

今週末は、高校生対象の無料テスト対策イベント「英数マラソン」中学生対象の「理社マラソン」が行われます。
そのため、今日は過去問のコピーなどの準備です!

最後までお読み頂きありがとうございました。

 
2022年06月14日 10:45
お母さんのための勉強に関するお悩み相談室

三ツ井ゼミナール 〒491-0827
愛知県一宮市三ツ井5-4-21
0586-81-2169
営業時間
17:00~21:30
定休日
日・水

モバイルサイト

三ツ井ゼミナールスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら